<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< こんげつ の てぬぐい | main | 鎌倉にて(FOOD編) >>
まだYondeません


「新潮文庫の100冊 2008」にて応募した、“Yonda?eco bag”が届きました。
締め切りギリギリに駆け込みで応募したのです…間に合ってよかった。
私のところにはクローバー柄のエコバッグが届きました。

このキャンペーンに応募するにあたり、購入した本はこの2冊です。

新編銀河鉄道の夜 (新潮文庫)
新編銀河鉄道の夜 (新潮文庫)
宮沢 賢治

こころ (新潮文庫)
こころ (新潮文庫)
夏目 漱石

「銀河鉄道の夜」は小学生のときに読んだのですが、
それっきりだったので再び読んでみました。
問題は夏目先生の方です。
前にやっていたブログで少し書いたことがあるのですが、
私は夏目先生の作品がなぜだかとても苦手で、
やっとの思いで読んだ作品が「文鳥」という超短編のみなのです…。
苦手なら読まなきゃいいだけの話なのですが、自分でもよくわからないのですが
夏目先生に挑戦し続けています。そして毎回挫折。
今度こそは!と思って買ってみたのですが、案の定全然すすんでません。
来年の夏までに読破できるようにがんばります…。
スポンサーサイト
かがるさんこんばんはー!
お久しぶりです。すっかり寒いですね(><;)

夏目漱石の「こころ」わたしはすごい好きですー!
今期末中なのですが、今日現代文のテストでも出題されました〜
中2の時、読書感想文のために読んだのですが
なんかすごい好きでした。

でも「吾輩は猫である」は読んでも読んでもストーリーがなくて、一応読破したものの飽きちゃいました(^ー^;
れもん | 2008/12/05 18:19
れもんさん、こんばんはー。
れもんさんは今、期末テストなのですよね(もう終わった?)
そしてほんとに毎日寒いですね。寒いの好きなのですが朝がつらい…。

そして夏目先生の「こころ」が大好きだと!
夏目先生の作品を読破した時点で尊敬のまなざしなのに、
さらに大好きとは…すごいー。
私もまた挑戦してみます。
「吾輩は猫である」を読めるのはいつになるでしょう…(遠い目)
cagaloo | 2008/12/10 02:36
COMMENT